ミミズと、虫と、パンと・・・

ダニミミズコンポスト

※ 本記事では、苦手な方に配慮して、虫やミミズの写真はほとんど出てきませんので、安心してご覧ください。

こんにちは、haruです。ミミズコンポストをやっていると、音もせず匂いもせず、むしろコーヒーとか、土とか、とっても良い香りがするのですが・・・

は、どうしても発生します。

ほとんどの虫は、生ごみをミミズが食べやすい形にしてくれたりするので、むしろ仲良く付き合っていきたい存在です。間違っても、殺虫剤などをまいてはいけません!(笑)

わが家の虫事情(2020年5月現在)

横から見た感じ

▼ わが家のミミズコンポストはこちら

ミミズコンポスト
ミミズコンポストを自作しました。プランターを使っているので、ミミズを飼いながら、その堆肥で野菜も育つ、一石二鳥のコンポストです。作り方や、ミミズの飼育方法、温度管理、補助金の話など、多岐に渡って情報交換できればと思います。

うちのミミズコンポストでは、今のところ虫といっても、よ~く見ると動いているものがいる!という程度で、赤や茶色のダニがいるくらいで収まっております。

このダニも、コンポストをする上では問題はなく、むしろゴミの分解を助けてくれる存在です。

が、増えすぎて表面ビッシリ!みたいな状況ではミミズがご飯を食べなくなってしまうそうです。

(今のところ、ミミズは元気に活動しているので、心配することもなさそうですが…)

最近、ちょっと増えてきたな~と思ったので、尋常じゃなく増えてしまった時のために(ならないで欲しいですが)、対策を練習してみました。

対策1 フタを開けておく

蓋を開ける

このダニは、フタをしばらく開けておけば(湿度が下がって)減っていくようです。

が、この時期は、フタを開けておくと、他の虫が入ってきそうな気がするので・・・保留。

対策2 パンをおとりにする

パンを入れておくと、そこに集まってくるそう。。。そのまま取り出してポイッと捨てれば良いみたい。

パン

▼ こちらの本の情報です。(この本は、私のミミズ逆引き大辞典となっていて、作者のメアリー・アッペルホフさんは、勝手に師匠と呼ばせていただいています。笑)

しかし・・・残念ながら、わが家では、パンはカナリの贅沢品(特別な食べ物?)の部類です。というのも、夫は3食パンでも良いというくらいの、パン好きですが、健康のため、パンはたまの贅沢品として扱っているようです(笑…ちなみに私はどちらかというと米派)

一応「ミミズの虫のおとりに、ちょっとだけ・・・」と聞いてみましたが、「(゚ロ゚)!!!」という感じ。(そりゃそうです)

そこで、考えました!

対策3 パン粉団子をおとりに!

パンがダメなら、パン粉があるじゃないか!(パン粉も勿体ないのですが、あまり使わないため、賞味期限が切れ気味なので…)

パン粉

パン粉を、水切りネットに入れます。

水切りネット

縛ります。

ダニ

1号機に、投入!

ミミズコンポスト 虫対策

2号機も、投入!!

フタをする

フタを閉めます(ちょっと先っちょを出しておくことで、万が一、虫が大量に獲れたときに、掴みやすいかなぁ~と思って、出しています。)

しばらく待つ

しばらく、このまま放置します。

サン太

サン太さんも、遠~くから見守ります。

・・・半日くらいでは、ダニは集まりませんでした。

しかし、一晩放置して、翌朝に見てみると、十数匹はウヨウヨとパン粉団子の底面にくっついていました。(そのままポイッしました)

ある程度、効果がありそうです

が、全部が全部いなくなるというわけでは、なさそう。。。(もしかしたら、パンよりもパン粉は味気ないのかも?笑)

ただ、根気よく続ければ、確実に減っていくような気がします

対策4 お米をおとりに

先ほどの、パンという発想は、欧米の方の知恵です。日本人なら、栄養満点のお米を使ってみてもいいのではないかなぁ~と。

ヨーグルト炊き

でも、これまた勿体ない精神が。。。

ということで、極力少量で効果を見るべく、試食販売形式でいきました。

コンビニのスプーン

とうことで、使ったのは昔コンビニで頂いたであろう、スプーン。(本当は、割りばしにしたかったのですが、すでに アブラムシ棒 で使い切ってしまったので。)

特製 アブラムシ棒で、ごっそり駆除!
※苦手な方に配慮して、ほとんどアブラムシの写真は出てきませんので、安心してご覧ください。こんにちは、haruです。なんだか急に暖かくなり、アブラムシの季節になりましたね。カモミールは、アブラムシに非常に好かれてしまう植物な...
冷凍ご飯

これに、冷凍していたお米(玄米)を少しすくって・・・

ミミズ 虫対策

投入!

ミミズ ダニ駆除

こちらも、投入!(あ~もったいない!!! 泣笑)

でも、ちょっと経ってから見てみると、結構ウヨウヨついてる!!!これは、期待大!

こちらを入れたのは、夕方だったので、ひと晩置いてみます。

結果・・・!

なんと、少しは付いているものの、あまり集まりませんでした。 え~お米が・・・(涙)

もったいないので、そのまま埋めてコンポストとして残しました(笑)

対策 強行手段!

結果、これが1番効果がある気がします。

表層の土と一緒に、ダニを取り出してしまうという方法です。

ミミズも一緒に出してしまわないように、少しフタを開けておいて、ミミズが出てこないようにします(ミミズは、光が苦手なので)。

小さいスプーンで、土の表面だけ少しずつ取り出して、袋に入れ、取り終わったら袋を縛り、そのまま捨てます。

ダニを取る

全部というわけではありませんが、目に見えて、ダニが獲れます。

力技ですが…食べ物をムダにしないので、この方法がしっくり来ました。

おわりに

そんなに神経質にならなくても良いのですが、備えあれば憂いなし!ということで、先回りして、いろいろ試してみました。

というか、ミミズコンポストが楽しいから、やっているだけかもしれません。

しばらく待つ

虫は、生ゴミの匂いに反応して集まることが多いみたいなので、ゴミを投入したら、その上から詰め物(新聞、ダンボール、土など)をちゃんと被せてあげるのも大切なようです。

どうしても、この作業はサボリがちなので、これからは、もう少し意識してやってみようと思います。(被せる用の ココピート を用意しておこう…)

ココヤシ100%の土、ココピート
家庭菜園の水やりは、充実した菜園を作られている人ほど、何往復もするので、大変ですよね。今回は、コンセントや水道が無くても、ラクラク水やりができるポータブルウォッシャーをご紹介します。水やりだけでなく、車や屋外の掃除にも使える優れものですよ。

とりあえず、今回の結果には、満足していますので、ダニとは一時休戦して、ゆる~く付き合っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました