パクチーの根っこを、捨てずにリボベジ

コリアンダー栽培パクチー

リボベジとは

リボベジとは、「リボーンベジタブル」の略語で、 日本語では「 再生野菜 」と言います。
食べた野菜のヘタや根っこを水に浸けて、水耕栽培してまた食べる。という経済的で目にも楽しい方法。(私は、よくにんじんのヘタを水に浸けてしばらく楽しんだり、葉っぱを食べたりしています。)

水に浸したにんじん隊長

今回は、せっかくプランターがあるので、土に植えしてみます

トムヤムクンを食べたくて・・・

先週末、久々にスーパーに行くと、パクチーを発見。トムヤムクンが無性に食べたくなり、購入しました。

国産パクチー

栄養満点!パクチーの効能

パクチーって、実は栄養満点の野菜なんですよね。
ビタミンC・E・K、カルシウム、 鉄、カロテンなどなどが含まれていて、抗酸化作用や殺菌作用もあるとか。
また、パクチー(コリアンダー)の種は「コリアンダーシード」と呼ばれ、 葉の部分と違ってクセが少なく、アロマセラピーにも使われているほど、精神を安定させてくれる香りだそうですよ。

ちなみに、「パクチー」はタイ語。「コリアンダー」は英語。「香菜(シャンツァイ )」は中国語。

トムヤムクン
エビとかナンプラーとか、色々な調味料がなかったので、野菜だけのトムヤムクン風(汗)以前作った塩レモンを入れました。パクチーが苦手な夫も、人生初! 生のパクチーを 「 追いパクチー 」!! 気に入ってくれたみたいで、お昼ご飯だけのつもりが、夜にも再びリクエストがあり、2食連続でトムヤムクンでした (笑)

パクチーのリボベジ

水に浸けておくだけでも、リボベジはできます。

大きい

が、今回は土に植えます。

根と茎を残して、葉っぱを切る

5cmくらい茎を残して、上部は美味しくいただきました。根っこが太くて頼もしいです。

切ったパクチー

植え付け

今回は、2つのプランターにそれぞれ寄せ植えしました。
1つ目は、じゃがいも&葉ネギのプランター。
2つ目は、密かにカモミールとニラを植えようと思っているけれど、既に葉エギと三つ葉が植わっている、みつどもえプランターに。

植え付け
根っこが隠れるように、植えます

植え付け3日後

じゃがいも&葉ネギのプランター

すでに、新芽が伸びている!!可愛い♡

みつどもえプランター

こちらも!いっぱい芽が出ている!!!しかも青々としています。

ここには、カモミールとニラも一緒に寄せ植えする予定です。(寄せ植えの醍醐味!笑)
ネギを少し、他のプランターに移植させてもらおうかな・・・

パクチーの育て方

パクチーは、日向を好みますが、水はけが良ければ半日影でも育ちます。
土が乾いたら、水やりはたっぷりと、特に夏場は水切れを起こさないように注意します。
また、1年草のため、種の採取ができます。
種は、春と秋の2度撒けるので、年に2度も楽しめますよ。
長く楽しみたい場合は、 若い葉をこまめに収穫したり、花が咲く前に花を摘み取ることが大切です。

コリアンダー栽培

リボベジで、どこまでいけるでしょうか? これからが楽しみだなぁ~

追記

パクチーのリボベジは残念ながら、終息してしまいました(涙)どうやら、植え替えを嫌う植物らしく、種から育てるのが確実ということです。

▼ ということで、気を取り直して、、、、種をまきました!

パクチーの種まき
こんにちは、haruです。パクチーのリボベジは、終息してしまい、種から育てるしかないな~と思っていたところ、なんと!郵便ポストに、パクチーの種が届きました!!!すごいっ! 送り主は、地元の親友でした。以心伝心。しかも、こん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました