国産 & 無農薬 もみ殻くん炭

籾殻燻炭土作り

もみ殻くん炭とは

籾殻くん炭の使い方

籾殻燻炭(もみがらくんたん)は、お米の精米時に採れる籾殻を低温でじっくりと燻したものです。
主に土壌改良材としても使われています。また、以下のような特徴があります。

  • 酸性の土壌を中和する
    ― 植物の灰は、水に溶かすと強いアルカリ性になる性質があるため、酸性土壌に混ぜると中和する働きがあります。
  • 微生物のすみかに
    ― 炭化した籾殻には細かい穴が沢山あり、そこが微生物(土壌菌)の住みかとなります。土壌菌の豊かな土は、元気な植物を育んだり、病気の予防にもつながります。
  • 保水性も・通気性もよい
    ― 細かい穴が沢山あるため、重さの680倍もの水を吸う一方、通気性や排水性にも優れています。
  • アブラムシ避け
    ―アブラムシは、籾殻くん炭の臭いが嫌いなため、土壌表面に薄くと忌避効果があります。

【 カネア 】国産 & 無農薬 もみ殻くん炭

安心・安全の籾殻くん炭が届きました!
カネアさんの、もみ殻くん炭です。

なんと、カネアさんは、無農薬のお米の籾殻を使用していて、さらに出荷前に必ず放射能測定をしていらっしゃいます。

カネア国産(香川県産)100% 【もみがら くん炭】 15リットル 『放射能測定済み』【無農薬のお米のもみ殻をじっくりと焼きました】
カネアのくん炭は、国産100%のもみがらを使用しています。 手間と時間のかかるくん炭は、国内ではあまり生産していませんが、カネアでは香川県内の農家の方と一緒に、時間をかけてつくっています。海外等の、もみがらは殺虫剤・農薬等がかかっていることがありますが、そういったモノを使わず、安心安全な国内の信頼できる材料を使うのがカネアの土づくりの基本でもあります。 (カネヤさん商品販売ページより引用)
高品質の籾殻燻炭
軽くて、真っ黒の燻炭がギッシリ詰まっています。

使い方

土に対して1割程度混ぜ込むだけです。

ココピートと混ぜる

私も、ココピートに混ぜ込んでいます。

ココヤシ100%の土、ココピート
家庭菜園の水やりは、充実した菜園を作られている人ほど、何往復もするので、大変ですよね。今回は、コンセントや水道が無くても、ラクラク水やりができるポータブルウォッシャーをご紹介します。水やりだけでなく、車や屋外の掃除にも使える優れものですよ。

いちいち計算するのは面倒なので、この緑のスコップ(ダイソーで購入)で、ココピート9杯を入れたら、1杯のもみ殻くん炭を入れ、またココピートを9杯入れたら1杯のもみ殻くん炭を入れる・・・ということを永遠とやっています。均等に混ぜながら土を作れるので、個人的にはオススメです。

籾殻燻炭

いかがでしたでしょうか?もみ殻くん炭は、他にも消臭効果や、保温効果も期待できます。
オーガニックで、こんなに優秀なものがあったとは・・・
うまく活用していきたいですね。

カネア もみ殻くん炭の通販はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました